ランキングで人気の結婚指輪をチェック|二人の好みに共通

結婚式

大人女子はお洒落上手

ドレス

相応しいドレスコードで

披露宴に招待されて着ていく衣装を、お呼ばれドレスと言います。パーティーに呼ばれて新郎新婦を、祝うためのドレスコードのことです。このお呼ばれドレスですが、三十代になるとその選択に悩んでしまうこともあります。披露宴では、新婦があくまでも主役になるのです。脇役を務めるゲストには、やってはいけないルールがたくさんあります。あまり華やかすぎるのは、ダメですが地味すぎるのも相応しくはないです。昼間から始まる場合と夕方くらいからのものがあります。夕方くらいのものなら、多少肌の露出もよいですが、昼間のものは控えめにしたほうが正解です。主役は新郎新婦であり、招待された側は祝福するために出席するのだということを意識します。

可愛いだけじゃダメ

また年代によっても、お呼ばれドレスの選択は変わります。二十代ならば可愛らしく清楚なものを、選ぶのが無難です。もちろん新婦のドレスを連想させる白は、選んではいけないカテゴリーに入っています。そして三十代になったら二十代と同じようなお呼ばれドレスを、選んではいけないのです。肌質や肌の色合い体型などが、二十代から三十代は変化します。披露宴の写真は、ゲスト同士でも撮影するのです。後で写真を見せられて、知ることになります。二十代の隣で似たようなドレスを着て、似合ってはいないことを認識させられるのです。だからといって肌や体型を隠しすぎると、妙に野暮ったくなります。可愛いだけのドレスは卒業して、三十代だからこそ似合うお呼ばれドレスを選ぶのです。大人女子の魅力を、思う存分に発揮できるチャンスになります。